ドローン撮影98,000円(写真)

ドローン撮影(写真)

インフォメーション

価格
98,000
撮影時間
2時間(バッテリーの関係上)
納品形態
DVD-R
納期
撮影より約60日

ご用意いただくもの

撮影リクエスト
14日前までにFAX(0466-22-1116)もしくは各種提出書類ページよりご提出ください。

その他

キャンセル代
ご注文後のキャンセルはキャンセル代が発生します。 30日以前:20% 30日以内:50% 2日以内:100%
撮影の事故
交通トラブルなどによって現地入りが困難な状況や、事故による撮影編集トラブルが発生し通常納品ができない場合はご注文料金の100%を上限として補償いたします。
映像の保管
撮影後90日間です。

注意事項

上空の視界が良好で、かつ風速が地上で毎秒5m/s程度であることが撮影条件となります。
風速が毎秒5m/sを越えてもマルチコプター自体の飛行は可能ですが映像にブレ等が生じる可能性が高く、撮影はお勧めできません。
雨天(少雨含む)や濃霧の空撮は危険なため行えません。
海上や水上での空撮はメンテナンス料金を別途お支払い頂く場合もあります。
機体の離発着に十分なスペースがあること(最低でも約10m×10m程度の水平)。
下記のような条件、場所等での空撮は原則としてお引き受けできませんのでご了承ください。
  • 高速道路、鉄道(駅周辺含む)、空港の近隣、電波障害が考えられる場所(送電線の近隣等)
  • 公共交通機関、幹線道路の付近またそれを横切るような空撮
  • 関係者以外の建物や車両及び土地の真上を通過及びホバリングする場合は、土地の所有者及び建て主の許可が必要となります。
  • 常に人や車の往来のある場所
  • プライバシーの侵害、反社会的行為にあたる撮影

改正航空法について

ドローン規制とは、2015年12月10日に実施された「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」についての規制です。

【主な内容】
①人口密集地での飛行の禁止
人口密集地は、以下で確認できます。
地理院地図
②夜間の飛行の禁止
夜間とは、日の入りから日の出までの時間です。
③人又は物件との間に30m以上の距離を保つこと
人とは、自分以外の第三者で、物件とは車や住宅等が該当します
④イベント等の上空の飛行の禁止
イベント会場や花火会場地区等のイベント全般の上空を飛ばすことは禁止されています
⑤150M以上の高さの飛行の禁止
⑥空港など付近の飛行の禁止
詳細は、以下よりご確認願います。
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

【その他の法規制について】
①各市区町村の公園条例
主に市区町村(場合によっては都道府県)が条例により、ドローンの飛行に制限をかけている場合があります。
②小型無人機等飛行禁止法
主に国会議事堂など、最重要施設周辺に規制がされています。
③重要文化財保護法
重要文化財周辺で飛ばすことが規制されています。

よく読まれている記事

火曜日定休
0120938713  

ページトップへ戻る