全国ピアノのコンクール50選‼ 2020年

日本国内には200以上のピアノコンクールがあるんです。

ピアノの練習をする際に、「コンクール」という目標を据えると励みになりますよね。
現在の日本のピアノコンクールで、予選を通過して全国大会まで進出するには、音楽的才能だけでなく大変な努力が必要です。
開催地やレベルなどそれぞれですが、
コンクールに出てみたいという方、是非参考になさっていただければと思います。

※記載してあるレベルとは入賞するために必要な能力レベルのことです。

目次

国内のコンクール

1. 日本音楽コンクール

日本で最も歴史があり、権威のあるコンクール『日本音楽コンクール』
毎日新聞が主催(現在は日本放送協会と共同主催)しています。
200名を超える出場者が集まったピアノ部門。課題曲の演奏時間は1〜3次予選合わせると最長75分。
約1週間の間に3回の本番でこれだけ演奏するので、ピアニストたちの実力はもちろん、精神力も試されるコンサート。

期  間 【予選】8~9月   【本選】10月 (申込期限:7月21日(火)まで)
場  所  東京
主  催  毎日新聞社 ・ NHK
連絡先  公式サイト
対象者  2020年7月31日現在満17歳以上満29歳以下
 課題曲
レベル  ★★★★★

 

 

2. 全日本ピアノeコンクール

全日本ピアノeコンクールは『オンライン』でのコンクール。

現在、コロナ禍でコンクールが中止延期になっているなか、ピアニストたちのモチベーションをあげるため開催が決定。
自宅で収録した音源を十分な指導・演奏経験を積んだピアノ指導者・ピアニストが審査する方法で予選を行い、
本選ではライブ配信や視聴者投票など、オンラインならではの特徴を備えたコンクール。
トップバッターは点数が伸びなかったり、高得点の次は得点が低かったりと順番によって評価が異なる通常のコンクールとは違い、
オンラインの場合は審査員が何度も動画を見返すことで公平に保てるのが特徴。

期  間 【予選・申込期限】6/1~7/20まで 【本選】9/19、9/20
場  所 【予選】オンライン 【本選】東京
主  催  株式会社huhu
連絡先  公式サイト
対象者  小学生から社会人まで
 自由曲
レベル  ★★★★☆

 

3. 全日本学生音楽コンクール

毎日新聞社が1947年から主催しているコンクールで通称「毎コン」と呼ばれています。
第1回大会が1947年に開催された、歴史の長いコンクールです。ピアノだけでなく、バイオリン、声楽など音楽を志す学生のために開催されます。

予選本選は、東京、大阪、名古屋、北九州、北海道の5つのエリアで開催され、予選から本選、全国大会へ進むことができる人数もかなり少ないです。

ホームページは第1回からこれまでの受賞者も明記されます。全国大会の入賞者の審査結果と講評は毎日新聞の紙面にて公表されます。自慢になりますね。
この大会の入賞はキャリアにも大きな箔がつけられることがよく分かります。

期  間 【予選】予選8~9月 【本選】10~11月 【全国大会】11~12月(申込期限:7月21日(火)まで)
場  所 【予選・本選】東京・北海道・名古屋・大阪・北九州 【全国大会】神奈川
主  催  毎日新聞社
連絡先  公式サイト
対象者  小学生から大学生まで
 課題曲
レベル  ★★★★★+

 

 

4.ピティナ・ピアノコンペティション

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会を、略してピティナと呼びます。そのピティナが主催のピアノの競技会。

全47都道府県で200ヶ所以上の都市で開催されており、また、参加者も3万人を超えています。地区を複数跨いで出場することも可能です。
ピティナの課題曲は毎コンのように難しいものではなく、誰もが気軽に参加できるコンクールというところから始まり、
今ではレベルもかなり上がってきました。

コロナ禍で開催方式に大幅な変更が生じてます。ソロ部門A2~F級の開催中止にともない自宅収録での動画提出による代替企画を実施するようです。

期  間 【予選】5~7月 【全国決勝大会】7~8月
 ※2020年度は中止または延期
場  所  東京
主  催  一般社団法人全日本ピアノ指導者協会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲
レベル  ★★★★☆+

5.ショパン国際ピアノコンクールinASIA

ショパン国際ピアノコンクール自体の歴史は、1972年に第1回大会を開催し、以降著名なピアニストを多く輩出しています。
inASIAは2000年から始まった、まだ歴史が浅いコンクールです。しかし、ショパンの名を冠しているだけあってレベルはそこそこ高くなっています。

まずは地区大会、そして全国大会、さらにアジア大会となります。

期  間 【予選】10月~11月(全国30会場) 【全国大会】1月
 ※2020年度はコンクール開催要項6月に発表予定
場  所  東京
主  催   ショパン国際ピアノコンクールin ASIA組織委員会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲 ショパン
レベル  ★★★★☆

 

6.ヤマハ ジュニア ピアノコンクール

地区予選、エリアファイナル、グランドファイナルの順で開催されます。2016年開催された、新しいコンクールです。
コンクールで弾く曲は課題曲以外に自分の好きな曲を1曲選べるというのがこのコンク―ルの大きな特徴です。
また、参加要領も変わっていて、ヤマハ特約楽器店より選出・推薦を受けた方、またはWeb 審査を通過した方が地区大会に出場できます。

期  間 【予選】3月~【エリアファイナル】6月 【グランドファイナル】7月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で中止
場  所  東京
主  催   ヤマハ
連絡先  公式サイト
対象者  満15歳以下で、ヤマハ特約楽器店より選出・推薦を受けた方、またはWeb 審査を通過した方
 課題曲と自選曲の2曲を演奏
レベル  ★★★☆☆

 

7.グレンツェンピアノコンクール

全国65カ所で行われる予選から始まり、全国大会まで1年をかけて開催されます。
課題曲は、バロック音楽、クラシック音楽、現代音楽と様々です。幼児から高校以上までが対象で、課題曲が与えられます。
グレンツェンピアノ研究会という鹿児島県に本拠地を置く組織が主催です。

2020年はコロナウイルスの影響で、通常のコンサートは中止。在宅でも可能な動画コンクールを9月に開催。

期  間 【予選・本選・地区大会】8月~【全国大会】6月下旬
 ※2020年度動画コンクール申し込み期間:2020年8月1(土)~8月14(金)
場  所  東京
主  催   グレンツェンピアノ研究会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲 バロック・古典から現代まで様々なジャンル
レベル  ★★★☆☆

8.ブルグミュラーコンクール

日頃のレッスンで取り上げられることの多いブルグミュラー作品を中心に、「何歳からでも挑戦できるピアノコンクール」として、全国で開催されるピアノコンクール。
それぞれの地区でファイナル大会があるのが特徴で、全国80カ所ほどで地区大会が行われます。

ピティナ提携コンクール。

期  間 【地区大会】9月~11月【ファイナル】11月、12月
場  所  東京・大阪など地区大会場所による
主  催   ブルグミュラーコンクール実行委員会 株式会社東音企画
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲 4曲の中から1曲を選択
レベル  ★★★☆☆

 

9.東京国際ピアノコンクール

3歳から出場ができ、一般部門、愛好者部門までと幅広く出場カテゴリが分けれれているのが特徴。

課題曲も、それに合わせて細かく分けられている。

主催者は東京国際芸術協会(TIAA)

期  間 【予選】6~8月【准本選】9月、10月【本選】11月、12月
場  所  東京
主  催  東京国際芸術協会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 自由曲・課題曲 部門による
レベル  ★★★☆☆

 

10.カワイ音楽コンクール

カワイといえば、日本が世界に誇る楽器メーカー。

高校1年生迄のコンクールとしては国内最大級の規模と伝統を誇り、全国大会入賞者からは現在活躍中のピアニストを多数輩出しています。

小学校6年生までを対象とするカワイこどもピアノコンクールは、技術レベルの競争ではなく、音楽性に重きをおこうと考えていて、やさしい曲を選んでいても、むずかしい曲を選んでいても、音楽的な演奏表現により高い評価を与えようとするものです。

期  間 【予選・ 地区本選】12月~翌年2月【全国大会】4月、5月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で、中止
場  所  予選:全国各地/大会:全国主要都市11会場
主  催  カワイ音楽コンクール委員会
連絡先  公式サイト
対象者  こどもピアノコンクール:カワイ音楽関連の生徒、中学生以下
 ピアノコンクール:高校1年生以下を対象
 自由曲・課題曲 部門による
レベル  ★★★☆☆

 

11.PIARA ピアノコンクール

東洋ピアノ製造が設立した日本ピアノグレード認定協会(PIARA、ピアラ)が主催しているピアノコンクール。一部の予選会を除いてスタインウェイピアノを使用。予選参加は、録音審査での参加も可能です。

ファイナルは拠点のある静岡県浜松市で行われます。ファイナルでは地区大会とは別の課題曲を選択して出場となります。

2020年はコロナウイルスの影響のため、地区大会録画審査。

期  間 【予選・ 地区本選】10月~翌年4月【ファイナル】7月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で、一部録画審査
場  所  静岡県
主  催  PIARA ピアノコンクール事務局
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 自由曲・課題曲 録音審査は自由曲
レベル  ★★★☆☆

 

12.べーテン 音楽コンクール

主催は広島県のベーテン音楽協会。まだ13回目なので歴史は浅いです。

2020年はコロナウイルスの影響のため、札幌会場、東京会場におきましては、Youtubeの動画アップロード機能を利用した動画審査となっています。

 

期  間 【予選・ 本選・地区大会】6月~12月【全国大会】12月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で、一部録画審査
場  所  全国各都市のホール
主  催  ベーテン音楽協会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 自由曲コース・バロックコース・課題曲コース
レベル  ★★★☆☆

 

13.フランスピアノコンクール

日仏文化協会主催のコンクールで、2013年にスタートし、隔年で開催されている新しいコンクールです。

留学サポートや、日本国内で学ぶ方、留学を目指す方にとっても、今後の活躍に一助をなすべく支援、学びの場、発表の場を提供しています。

期  間  3月 隔年
場  所  東京
主  催  日仏文化協会
連絡先  公式サイト
対象者  小学生から成人まで
 課題曲
レベル  ★★★☆☆

 

14.ピアノコンクール エリーゼ音楽祭

子供を中心とした数多くのピアノコンクールがありますが、大人の音楽愛好家が参加できるコンクールです。

初心者、音楽愛好家、アマチュアの方々、そしてこれからピアノを始めたい方、再開したい方のきっかけになり、レベルアップしたい方の目標となるイベントです。

主催者は全国でコンサート・コンクール・イベント主催を行なっている株式会社LACOMS(EME)。

期  間  【予選】5月~10月【全国大会】11月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で、一部中止
場  所  予選:7都道府県 全国大会:東京
主  催  株式会社LACOMS
連絡先  公式サイト
対象者  15歳以上から プロ不可
 自由曲・課題曲 部門による
レベル  ★★★☆☆

15.東京音楽コンクール

新人音楽家の育成を目的とし、2003年の第1回大会開催以降、毎年開催されています。

東京からピアノ音楽文化の振興と普及に寄与し、幅広い年齢層から優れた才能の発掘と育成を図ることを目的とするコンクールです。

 

期  間  1月
場  所  東京
主  催  公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化会館/読売新聞社/花王株式会社/東京都
連絡先  公式サイト
対象者  ~30歳まで
 課題曲
レベル  ★★☆☆☆

 

16.スガナミピアノコンクール

東京にある菅波楽器が主催。ピアノ独奏、連弾、初見の3部門からなる。未就学児、小学生から、音大生、アマチュアまで広く参加することができます。

個性重視のため、課題曲を決めずに成果を発表し、審査員からアドバイスを受けることができます。

期  間  2月
場  所  東京
主  催  菅波楽器株式会社
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 自由曲
レベル  ★★☆☆☆

 

17.東関東学生ピアノコンクール

参加資格は茨城県、栃木県内に在住、あるいは在学中の小学生から高校生まで。年齢に関係なく、レベルでエントリーできます。

期  間  12月
 ※2020年度はコロナウイルスの影響で中止
場  所  茨城
主  催  株式会社ヤマハミュージックリテイリングピアノサロンつくば
連絡先  公式サイト
対象者  茨城県、栃木県内に在住、あるいは在学中の小学生から高校生まで
 自由曲
レベル  ★★☆☆☆

18.日本バッハコンクール

運営、主催は、株式会社東音企画。企画は、日本バッハコンクール実行委員会が行っています。音楽の原典である、バロック期のポリフォニーの作品を学習してもらうことに焦点を当てています。幼児から18歳以上の一般も対象。

ピティナ提携コンクール。

期  間  2月
場  所  東京
主  催  株式会社東音企画
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲 J.S.バッハの作品
レベル  ★★☆☆☆

19.バスティンコンクール

バスティンピアノコンクール事務局が主催を行っているコンクール。対象は、未就学児から中学生以上まで。「生涯にわたって音楽を愛し楽しみ続ける事ができるように」という理念に基づいています。参加者すべてには、審査員から講評をもらうことができ、予選通過者は全国大会へ参加することができます。

ピティナ提携コンクール。

期  間  12月
場  所  愛知
主  催  バスティンピアノコンクール事務局
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から高校生まで
 課題曲と自由曲
レベル  ★★☆☆☆

20.日本クラシック音楽コンクール

日本クラシック音楽協会が1991年から主催しているクラシック音楽のソロ、アンサンブルのコンクール。通称「クラコン」と呼ばれます。国内のコンクールの中では初の自由曲制を採用していて、予選会・本選会・全国大会通して自分の得意な曲、好きな曲で参加することができるのが最大の特徴です。

予選会・本選会は日本全国のホールで開催、居住地に関係なく出場会場を選ぶことができます。(複数会場参加可能)

2020年はコロナウイルスの影響でYouTubeにてウェブコンサート開催。

期  間  12月
※2020年度はコロナウイルスの影響で中止や会場変更
場  所  東京・大阪など
主  催  日本クラシック音楽協会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 自由曲
レベル  ★★☆☆☆

 

21.JPTAピアノオーディション

全国の音高、音大の指導者が加入する日本ピアノ教育連盟が主催。毎年研究テーマが決められ、それに沿った課題曲が出されます。公開レッスン、講座も開催。

期  間  3月
※2020年はコロナウイルスの影響で全国大会中止
場  所  東京
主  催  日本ピアノ教育連盟
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲
レベル  ★☆☆☆☆

22.日本ピアノ研究会 ピアノオーディション(ジュニアコンクール)

本選課題曲にラテンピアノ曲を取り上げていることが特徴です。参加資格は幼児から高校生まで。受験部門は年齢ではなくレベルで挑戦できます。連弾部門あり。

期  間  9~11月
場  所  全国
主  催  日本ピアノ研究会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲
レベル  ★☆☆☆☆

23.日本ベートーヴェンピアノコンクール

全国14都市でで予選大会を開催。予選1と予選2が同じ日に同じ会場であり、その合計点で合否が決定。

全国大会では主催者が指定した奏者とのアンサンブル演奏となります。全国大会当日にアンサンブル奏者とのリハーサルの場を主催者側が用意。

期  間  8月
場  所  東京
主  催  一般社団法人日本ピアノ演奏協会
連絡先  公式サイト
対象者  小学生から成人まで
 課題曲
レベル  ★☆☆☆☆

24.JPPAピアノコンクール

東京・中部・大阪・九州で予選開催。

予選が同じ日に同じ会場で2回あり、その合計点で合否が決定。全て自由曲。
日本ベートーヴェンピアノコンクールと同じ一般社団法人日本ピアノ演奏協会 (JPPA)が主催者

期  間  3月
※2020年はコロナウイルスの影響で全国大会延期6月より予選開始予定
場  所  東京
主  催  一般社団法人日本ピアノ演奏協会 (JPPA)
連絡先  公式サイト
対象者  小学生から成人まで
 自由曲
レベル  ★☆☆☆☆

25.ブルクハルト国際音楽コンクール

参加資格は15歳以上。予選、本選共に自由曲で同一曲も可。ただし規定の時間超過は失格。統計によると半数が予選を通過しています。

東京国際ピアノコンクールと同じ東京国際芸術協会( TIAA)が主催者。

2020年はコロナウイルスの影響で、予選は全てオンライン審査。

期  間  12月
場  所  東京
主  催  一般社団法人 東京国際芸術協会( TIAA)
連絡先  公式サイト
対象者  15歳以上
 自由曲
レベル  ★☆☆☆☆

26.ヤングアーチストピアノコンクール

参加資格は29歳以下。ピアノソロ部門は年齢やレベルにより細かく分かれています。

主催者は東京都板橋区成増のヤングアーチスト協会、コンクール後は受賞者によるコンサートも行われます。

2020年はコロナウイルスの影響で、予選はオンラインにて審査を受けることができます。

期  間  8月
場  所  東京
主  催  ヤングアーチスト協会
連絡先  公式サイト
対象者  国籍、居住地に関係なく29歳以下
 自由曲
レベル  ★★☆☆☆

27.P.I.A.Japan ピアノコンクール

コンクールは2年に一度。

2020年はコロナウイルスの影響で中止。

期  間  8月
※2020年はコロナウイルスの影響で中止
場  所  東京
主  催  特定非営利活動法人ピーアイエイジャパン
連絡先  公式サイト
対象者  制限なし
 自由曲
レベル  ★☆☆☆☆

28.日本演奏家コンクール

2020年はコロナウイルスの影響で中止。

期  間  8月
※2020年はコロナウイルスの影響で中止
場  所  東京
主  催  特定非営利活動法人ピーアイエイジャパン
連絡先  公式サイト
対象者  制限なし
 自由曲
レベル  ★☆☆☆☆

29.ローランド・ピアノ・ミュージックフェスティバル

予選はSMFミュージックデータとのアンサンブル演奏、又はピアノ独奏を録音し提出。ファイナルではオーケストラと共演できる。

ピティナ提携コンクール。

2020年度は、特別企画として、本選への選出はなく、審査結果と審査員講評のみをお返しする「予選プレエントリー」という参加方法

期  間  3月
※2020年3月のファイナルはコロナウイルスの影響で中止
場  所  東京
主  催  ローランド株式会社
連絡先  公式サイト
対象者  幼時から成人まで
 課題曲
レベル  ★☆☆☆☆

国内外の国際コンクール

1.浜松国際ピアノコンクール

国際音楽コンクール世界連盟加盟。浜松国際ピアノコンクールは、静岡県浜松市のアクトシティ浜松を会場として3年に1度開催される国際ピアノコンクール。

浜松市および財団法人浜松市文化振興財団が主催し、外務省、文化庁、静岡県のほか新聞社や放送局、音楽書籍出版社などが後援する。

国際色豊かな多くの参加者が腕を振るい、世界的にもレベルが高く、入賞者の多くは他の国際コンクールでも活躍しています。参加者のレベルの高いピアノコンクールです。

第1~ 2 位入賞者がフレデリック・ショパン国際ピアノコンクールの本審査(10月)に直接参加を認められています。

賞金参考:1 位:300万円 2 位:180万 円・・・

期  間  第11回2021年11月に開催予定(3年ごとに開催)
 DVDによる音と映像で審査
場  所  静岡県
主  催  浜松市および財団法人浜松市文化振興財団
連絡先  公式サイト
対象者  成人
 課題曲
レベル  ★★★★★+

 

2.高松国際ピアノコンクール

香川県高松市にて、4年に1度開催されるピアノコンクール。日本で3番目に創設された国際ピアノコンクールになります。

香川県知事や高松市長が組織委員会顧問を務め、後援に外務省、文化庁、香川県、高松市、香川県教育委員会、高松市教育委員会が参画しています。

2015年には、国際音楽コンクール世界連盟に加盟。2018 年大会で、古海行子が日本人として初めての優勝を飾りました。

賞金参考:1 位:300万円 2 位:100万 円・・・

期  間  第5 回2022 年3 月(4 年ごとに開催)
場  所  香川県
主  催  高松国際ピアノコンクール組織委員会
連絡先  公式サイト
対象者  成人
 課題曲
レベル  ★★★★★+

3.仙台国際音楽コンクール

際音楽コンクール世界連盟加盟。国内外の一流ピアニストが競うハイレベルなコンクール。2001年から3年に1度開催。コンチェルト(協奏曲)を課題曲の中心に据えているのが特徴。

賞金参考:1 位:300万円 2 位:200万 円・・・

期  間  第8 回2022 年5,6 月(3年ごとに開催)
場  所  宮城県
主  催  仙台国際音楽コンクール組織委員会/仙台市/公益財団法人 仙台市市民文化事業団
連絡先  公式サイト
対象者  30歳まで
 課題曲
レベル  ★★★★★+

4.大阪国際音楽コンクール

第1回:2000年から毎年開催。

ピアノコンクールとしての水準は高く、海外からの受験者も多いコンクール。音楽学部を卒業していない人の部門もあります。海外審査員によるマスタークラスも開催され、レッスンを受けることもできます。

年齢上限が無く、民族楽器、アマチュアなど珍しいジャンルの部門も存在しているのが特徴。

予選はメディア審査(書類および音源)。2020年は地区本選縮小し、   特別措置として、映像での地区本選審査を追加。

期  間  10月(ファイナル・グランドファイナル)
場  所  大阪
主  催  大阪国際音楽振興会
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から
 課題曲や自由曲 部門により異なる
レベル  ★★★★★

5.Shigeru Kawai国際ピアノコンクール

2017年に開催がスタートした国際コンクールです。

16歳~26歳が対象で、次世代を担うピアニストの発掘・育成を目的としています。海外からの受験者も多く、河合楽器が誇るShigeru Kawaiでの演奏が魅力的。カワイ音楽コンクールの主催と同じ、河合楽器製作所株式会社が後援のコンクールです。

参加資格、課題曲、賞金などの概要は2020年8月頃発表予定。

賞金参考:1位100万円 2位50万円・・・

期  間  第4 回 2021 年8 月(予定)
場  所  東京
主  催  Sigeru Kawai 国際ピアノコンクール委員会
連絡先  公式サイト
対象者  16歳から26歳
 課題曲
レベル  ★★★★☆+

6.ヨーロッパ国際ピアノコンクール

グランプリ受賞者はポーランド・ワルシャワで演奏のチャンスあり。

ピティナ提携コンクール。

2020年度はコロナウイルスの影響で、予選をウェブ審査の形で実施し、全国大会を来年の春休み時期(2021年)まで延期。

賞金参考:1位100万円 2位50万円・・・

 

期  間  11、12 月
※2020年は来春へ延期
場  所  東京
主  催  ヨーロッパ・ピアノ協会
連絡先  公式サイト
対象者  年齢制限なし
 課題曲/自由曲/特別コース
レベル  ★★★★☆+

7.ベートーヴェン国際ピアノコンクールアジア

予選は関西・伊豆・中部・東京・沖縄・九州・海外で開催。

部門によって6歳以下、10歳以下、15歳以下と年齢に下限を設けていないのが特徴。16歳以上の部門もあり、制限はありません。主にベートーヴェンの作品が課題で、予選と本選は同一曲も演奏可。

期  間  2月
場  所  東京
主  催  ベートーヴェン国際ピアノコンクールアジア 事務局
連絡先  公式サイト
対象者  未就学児から成人まで
 課題曲
レベル  ★★★☆☆

世界のコンクール

1.フレデリック・ショパン国際ピアノコンクール

世界的に最も権威のあるコンクールのひとつと言われ、エリザベート王妃国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクールと合わせて世界三大コンクールと言われています。世界を目指すピアニストの登竜門となるコンクールです。

ショパン国際ピアノコンクール自体の歴史は、1972年に第1回大会を開催し、以降著名なピアニストを多く輩出しています。開催は、フレデリック・ショパンの故郷であるポーランドの首都ワルシャワです。
参考:ショパンピアノコンクール in ASIA

課題曲は、すべてショパンの作品。コンクール出場資格は16歳以上30歳以下の年齢制限があります。
課題曲を録画したビデオを必要書類とともに提出、ビデオによる審査。
ビデオ審査通過者は、ワルシャワにてライブ審査となっています。4月の予選までに3分の1に絞られ、予選を突破した80人が10月に行われる本大会の舞台に立つことができます。
これほどの大コンクールとなると、応募者のレベルも高く、本大会に出場する80人に選ばれるだけでも大変なことです。

期  間  第18回2020年11月に開催予定(5年ごとに開催)
 ※2020年予備予選は、本大会直前の9月に延期
場  所  ポーランド
主  催  ポーランド国立ショパン研究所 日本:株式会社東京国際ツアーズ
連絡先  公式サイト
対象者  16歳以上30歳以下
 ショパン課題曲
レベル  ★★★★★+++

 

2.エリザベート王妃国際音楽コンクール

1943年に創設されたピアノ、ヴァイオリン、声楽、作曲のコンクール。

ショパン国際ピアノコンクール、チャイコフスキー国際コンクールと並ぶ世界三大コンクールの一つに数えられる世界的権威のあるコンクールです。年により開催部門が変わります。
主催国出身の音楽家に対する過剰な思い入れがなく、審査は比較的公平だと言われています。
DVD審査+2回の審査(1次予選と2次予選)+ファイナル

期  間  2020年5月開催(4年ごとに開催)
 ※1年延期
場  所  ベルギー
主  催  Queen Elisabeth International Music Competition
連絡先  公式サイト
対象者  18歳以上30歳未満の方
 課題曲
レベル  ★★★★★+++

 

3.チャイコフスキー国際コンクール

4年に一度、ロシアで開催される音楽コンクールで、ショパン・エリザベートと並んで世界三大音楽コンクールに数えられます。チャイコフスキーの故郷ロシアは、著名で実力のある音楽家やバレエダンサーを多く輩出している国でもあります。
2019年開催の第16回大会では第2位に日本の藤田真央さんが入賞しました。

期  間  第17回2023年6月に開催予定(4年ごとに開催)
場  所  ロシア
主  催  チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟
連絡先  公式サイト
対象者  16 歳以上32 歳未満
 課題曲
レベル  ★★★★★+++

 

4.ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール

世界三大コンクールであるチャイコフスキー国際コンクールの第1回ピアノ部門優勝者ヴァン・クライバーンを記念して始まったコンクールです。

4年に1度、アメリカで開催されています。

2009年には辻井信行さんが優勝し、日本でも話題となりました。優勝者コンサート数が多いのが特徴です。

期  間  2021 年5 、6 月開催予定(4年ごとに開催)
場  所  アメリカ
主  催  ヴァン・クライバーン財団
連絡先  公式サイト
対象者  16 歳以上30 歳未満
 課題曲
レベル  ★★★★★++

 

5.シドニー国際ピアノコンクール

1977年より始まり、1988年からは4年毎にオーストラリアのシドニーで開催されている、オーストラリアで最も権威のあるピアノコンクールです。

世界各地で催されるオーディションで選ばれた36名の参加者が、10日間にわたる4回のステージで最終的に6名に絞られ、ファイナルがシドニー・オペラハウスで行われます。

2012年、2008年と日本人の入賞者を輩出しました。

期  間  2020 年7月開催予定(4年ごとに開催)
場  所  オーストラリア
主  催  Sydney International Piano Competition of Australia
連絡先  公式サイト
対象者  17歳以上30 歳まで
 課題曲
レベル  ★★★★★++

6.リーズ国際ピアノコンクール

イギリス、イングランド北部の都市リーズで開かれている国際的なピアノコンクール。1963年から始まり、3年ごとに開催されています。過去の日本人受賞者には、内田光子さんなどがいます。

かつてはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールと同じほどのレパートリーを要求される過酷なコンクールでしたが、近年緩和されてきました。

期  間  2021 年9月開催予定(3年ごとに開催)
場  所  イギリス
主  催  Leeds International Piano Competition
連絡先  公式サイト
対象者  18歳以上28 歳まで
 課題曲
レベル  ★★★★★+

7.ジュネーブ国際音楽コンクール

スイス、ジュネーヴで毎年開かれている、コンクール。1939年に第1回が開催されており、歴史があります。

低年齢の受賞者が目立つコンクール。

期  間  2020 年11 月開催予定(毎年開催)
場  所  スイス
主  催  Geneva International Music Competition
連絡先  公式サイト
対象者  28 歳まで
 課題曲
レベル  ★★★★★+

よく読まれている記事