目的別のプロモーションビデオ(PV)制作業者4選。

 

自社のプロモーションはもちろん、映像を使った商品説明などが得意な業者を今回は目的別に紹介しようと思います。

 

企業にとっては、売り上げを左右するプロモーション映像。

商品の印象や、企業イメージをかなり左右する大事な部分だと思います。ただ凝ったものを作ればいいものでもありません。一つ一つに、しっかりとした個性を引き出しつつ、お客様にとって、手に取ってみたい商品、信頼がおける企業、あと一押しを促してくれる、そんな映像にしたい。

 

けれど、頼んだ業者がこちらの意図を組んでくれないと、そのすべてが崩れてしまいます。

打ち合わせばかり多かったり、予算がどんどん膨れ上がったり、なかなか連絡が取れなかったり、そんなことはできるだけ避けていきたい。

実績があり、腕があり、柔軟でいてほしい。出来れば料金を抑えたい。

 

映像業者もたくさん増えてきました。

数多くの業者の中から、自分たちにあった業者を見つけることは大変です。

一つ一つの業者のホームページをのぞいてみると、それぞれが実績を表示して、サンプル映像もよくできているし、料金もそれなりに安かったり、もしくは、これが相場だと表示している価格が、他のと比べると高かったり、調べれば調べるほど、検索漂流に陥っていきます。

 

今回は、できるだけ厳選した、それぞれの特徴に応じた映像業者を4つ紹介しようと思います。

参考にしていただければ幸いです。

 

失敗したくない。センスを求めて。

 

株式会社アーツテック

 

取引実績が1000社を超えている実績がある業者。

会社紹介、店頭CMWEB動画、TVCM、イベント、セミナー、番組制作、採用動画、ブランディング動画など、日本屈指のクリエイターが提供するweb動画サービス。

動画プラン30万円~。

https://www.artstech.net/

 

 

まずは相談。格安で柔軟な業者。

 

プロの撮影 (株式会社huhu)

 

様々な映像撮影のサービスを行っているため、料金も59000円~。全国対応。

自動見積もりで、注文前からある程度予算のめども付けられる。自分たちで企画を提案して、それに沿った撮影を依頼する形での制作も対応可。

https://pro.omobic.com/

 

スピードとお手頃価格

 

サイバー(KIZUNA JAPAN株式会社)

 

撮影から納品まで最短一週間。一本15万円からの安心価格。

企業PR動画に強みを持ち、年間120作品以上制作の実績。

https://www.cyber-promote-movie.com/

 

外注を入れない社内制作で安心。

 

JPC. Movie SECtion

 

自社スタジオを所有し、3DCGや合成などにも対応。

社内に、ディレクター、シナリオライター、カメラマン、エディター、グラフィックデザイナーが在籍 しており、すべての工程が社内のスタッフにて完結する。

映像制作複数まとめた場合、18万円~。

https://movie.jpc-ltd.co.jp/

 

まとめ

というように、業者によって、様々な特色があります。

制作は「業者選び」から始まっているといっても良いかもしれません。

ひとくくりに、プロモーション映像といっても、企業の特色や、予算により、かなり異なる印象のものが仕上がってくると思います。

一度、相談して、見積もりを確認しながら、改めて検討しても大丈夫だと思います。

素敵なプロモーション映像が仕上がることを祈っています。

 

 

よく読まれている記事