【撮影テクニック】 イベントの記録写真を撮る5つのポイント


イベントの記録写真を撮る5つのポイント

 

【広報・ホームページ担当者必見!】

イベント記録写真の撮り方6つのポイント

法人ホームページ掲載用にイベントの記録写真を撮らなければらない…!といった広報・ホームページ担当者さん向けに撮影のポイントをまとめてみました。

 

1.とにかく沢山撮る

写真に慣れていない人にとって、良い写真を撮る一番の近道は「とにかく沢山撮る」こと。必要なシーンの写真がなければ何もできません。

たくさん撮った中に一枚でも使える写真があれば、という気持ちで撮ることが一番大事です。ぶれていることもあるかもしれませんが、まずは左右色々な角度から、アップや引きなど、様々撮影しましょう。

撮影する角度を少し変えることにより写真の印象は大きく変わります。

「たくさん撮る」とはいえ何も考えずにシャッターを押すのではなく、喋っている人を撮るときにはうつむいている瞬間ではなく(原稿などを読んでいたりすると、顔をふせぎみになってしまいがちです)、顔を上げた瞬間にシャッターを押すなど、「被写体の表情を移す」ことを意識することも大切です。

身振り手振りをしながら話をしているのであれば、その様子も入れてみると、より写真がいきいきしてきます。

 

 

 

2.カメラで写真は削除しない

撮影後、カメラの液晶でチェックして削除をしてはいけません。操作ミスにより別の写真やすべての写真を削除してしまう可能性もありますし、不思議な事に改めてパソコンで確認したりデザインにはめてみたりすると「ダメだと思ったけど見直したらいい写真」ということもあるのです。

 

 

 

3.フラッシュは直当てしない

バウンスができる外付けフラッシュがあれば、それを使いましょう。

また、フラッシュは直当てすると背景に大きな影が出ていかにも「フラッシュを焚きました!」という写真になってしまいます。

 

 

 

 

 

4.遠慮せずに最前線で撮る

写真を撮るためには壇上や主催者に適切な距離近づかなければいけません。

遠慮をしてしまって遠くから撮っているだけだと、後から写真を見返したときに、被写体が小さすぎて一体何をしているかわからないものになってしまいます(大抵撮影中はそのことに気がつかないものです)。

しかし、カメラマンはあくまでもイベントの主役ではなく黒子ということは頭に入れて、できる限り目立たないようにはしましょう。

 

 

 

 

 

5.写真でその日の1日の流れがわかるかを意識する

休みなく全ての写真を抑えることは必ずしもないかもしれません。しかし、撮影しながら撮った写真で1日の流れが言葉なしで説明できるかと考えながら撮りましょう。

6.「説明がなくても分かる写真」を意識する

説明をしなくても誰が何をしている様子かがわかる写真はホームページ掲載用としては最適です。

「プレゼンしている人」「話を聞いている来場者」など何を主役として写真を撮るかを考え、適切なズームをして撮影することで、必要のない情報を削りましょう。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。下手でも数打てば当たるというわけではありませんが、いろんな角度に動いて撮影してみましょう。時には壇上に上がって景色を確認するのも良い撮影をする事に繋がります。

よく読まれている記事

お問い合わせ(火曜日定休)
0466-22-1115
神奈川県藤沢市南藤沢8-9-2F

ページトップへ戻る