個人的な映画撮影、コスプレ、ミュージックビデオ、プロのカメラマンを雇ってもいいんですか?

 

自分には今、「なんとなく」やりたいことがある。
けれど、そういう思いを阻む、ちょっとした悩み。
人がいない。頼みづらい。飽きるかも。
憧れを抱いたときに最初の一歩を踏み出したい。そういう思いは誰にでもあるはず。映画を作ってみたいとか、自分の曲のミュージックビデオを作りたいとか、趣味のコスプレを撮影してもらいたいとか。けれど、できれば、こっそり一人で始めたい。
やってみて、うまくいかない場合もあるし、誰かを巻き込むほど、まだ情熱も育っていない。

自分の中に生まれた漠然とした思いに対し、一つのきっかけさえあれば、もしかしたら後々大きな世界へと踏み出すこともできるかもしれない。そんな姿を想像するのだけれど、その「きっかけ」に出会えないことにより、たくさんの可能性が、日々失われています。
ちょっとした「きっかけ」で、人生は変わってきます。

一般論ばかりに注目して、自分の思いに蓋をしたまま生きていくことは、とても辛いことです。
かといって、笑われたくない気持ちも当然あります。
正直になることは怖いことです。
勇気を振り絞って、この人ならと頼んでみて、断られ、かつ、自分のやりたいことに対し理解してもらえないときの苦しさは、後々の人生にまで響いていきます。
言わなければ続いていたかもしれない関係性さえも崩れてしまうかもしれません。

だから、諦める。
けれど、諦めたくない。

そういう時は、やはり「業者」や「プロ」の手助けを借りるのは、必然といってもいいと思います。もちろん、そういう「プロフェッショナル」の人に自分の「なんとなく」に付き合ってもらっていいのだろうか? それこそ大恥をかくのではないか、すごくお金がかかるかもしれない。などと想像してしまうかもしれません。

しかし、そこに金銭が介入することにより、プロは、とても力強い「きっかけ」をあなたにもたらす可能性があります。そして、時代が大きく変化している今です。
「プロ」のサービスも様々に変化しています。値段もお手頃なものもあり、色々と多様化しています。
世の中には、沢山のきっかけが存在し、もちろん、プロのカメラマンの人たちも、その「きっかけ」を求めている一人だったりします。
プロというのは、ある種、きっかけから一歩踏み出し、また次のきっかけを求めている、相談相手なのかもしれません。

ということで、今回は、あなたの「きっかけ」をサポートしてくれる、様々な撮影に対応してくれる、
ビデオ撮影業者、スチール写真撮影業者や、サービスなどを紹介していきたいと思います。
参考にしていただければと思います。

1 プロの撮影

大切なシーンに寄り添うをコンセプトに、様々な撮影に対応。ビデオ撮影、スチール撮影ともに対応、ビデオ編集から、カメラマン人数まで、沢山のオプションを自動見積もりで確認できます。
撮影に関する相談は、「無料見積もり」や「お問い合わせ」「LINEで質問」などでもでき、素朴な疑問や、料金に関して答えてくれます。59000円からの低価格。
https://pro.omobic.com/

 

2 フォトイースト

 

様々な写真を格安で出張撮影 。オプションで動画、ビデオ撮影も承っています。
プロフィール用の写真や、個人記録、各種イベントなど、様々な撮影に対応。
●4時間コース ¥28,000 (0~4時間まで一律料金、別途消費税)
●7時間コース ¥38,000 (4~7時間まで一律料金、別途消費税)
http://photo-east.sub.jp/

 

3 株式会社カラーパレット

 

出張ビデオ撮影+編集が3万円から。
都内23区は出張費無料。音楽PV、パーティー、インタビューなど、様々な撮影に対応可能。
複数台のカメラで撮影しても追加料金なし。
https://www.colorpalette.co.jp/

 

4 ミツモア

 

クリックするだけで、二分で探せる。様々な写真撮影、動画撮影に対応。こちらが依頼を出し、ぴったりのプロに依頼を送付。
見積もりできるのは最大5人のプロまで。むやみに売り込まれるわずらわしさもありません。
依頼にあったカメラマンを、希望の金額で探せるサービス。
https://meetsmore.com/

 

まとめ

業者から、個人のクリエイターまで、インターネットの普及で様々なサービスと出会うことができます。見積もりだけなら無料です。
それもまた、行動の第一歩と言えると思います。
その一歩から、また次の一歩へ。
検索する。見積もりを出してみる。お願いしてみる。人に見られる。もう少しこだわりたくなってくる。と、新しい、世界へ踏み込むことに、ぜひとも挑戦してみてください。
きっと、楽しい時間を、かけがえのない、記録とともに残ることと思います。

よく読まれている記事